ページの先頭です

高齢受給者証を兼ねた国民健康保険証の送付について

[2015年12月17日]

高齢受給者証を兼ねた国民健康保険証の送付について

 国民健康保険に加入している方は75歳になるまで国民健康保険で医療を受けますが、70歳になった翌月以降は高齢受給者証を兼ねた国民健康保険証をお送りしています。

 病院での窓口負担は、2割(ただし、昭和19年4月1日以前生まれの方の内、現役並み所得者以外の方は1割)または3割(現役並み所得者)になります(1日生まれの人はその月から適用)。

※国民健康保険に加入されている方については、適用月の前月末までに高齢受給者証を兼ねた国民健康保険証が届くように郵送させていただきます。

 

◆3割負担をしていただく方(現役並み所得者)

住民税課税所得(各種控除後)が年額145万円以上の70歳以上の国保被保険者及びその被保険者と同じ世帯の70歳以上の国保被保険者

※ただし、その世帯の70~74歳の国保被保険者が、2人以上の場合は収入合計が520万円未満、1人の場合は収入合計が383万円未満であれば、申請により2割(昭和19年4月1日以前生まれの方は1割)となります。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)市民課 国保班

電話: 0475-70-0334

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.