ページの先頭です

子どもを守れるのはチャイルドシートだけ!

[2015年12月17日]

チャイルドシートの正しい着用をお願いします

 6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの着用が義務づけられています。(大人の責任です。忘れないようにしましょう) また、チャイルドシートは、正しく取りつけなければ、効果がありません。

チャイルドシートの正しい取りつけ方

1.後部座席に取りつける

 助手席エアバッグが装備されている車の助手席に乳児用シート(後ろ向きシート)を取りつけると、事故でエアバッグが展開した際、子どもが甚大な傷害を受ける危険があります。

2.しっかり固定する

 (1)チャイルドシートの取りつけ方は製品によって異なりますので、取扱説明書に従って取りつけましょう。

 (2)特に前向きのシートの場合、シートの上部に手をかけて前方向に力を加えても大きく動かない(3センチ以下が目安)ように固定することが重要です。

子どもの体格に合ったチャイルドシートを選びましょう!

 (1)乳児用シート

   新生児から1歳ころまで、体重10キロ未満用(身長70センチ程度まで)

 (2)幼児用シート

   1歳から4歳ころまで、体重9キロから18キロ以下用(身長65センチから100センチ程度まで)

 (3)児童用シート

   4歳から10歳ころまで、体重15キロから36キロ以下用(身長135センチ程度まで)

 ※年齢・体重・身長は目安で、製品によって多少異なります。

組織内ジャンル

安全対策課生活安全班

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)安全対策課生活安全班

電話: 0475-70-0387

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.