ページの先頭です

平成28年度から個人住民税の特別徴収を徹底します

[2015年12月17日]

個人住民税の特別徴収とは、所得税の源泉徴収と同様に給与支払者が毎月従業員に支払う給与から住民税(市民税と県民税)を天引きし、従業員等に代わって市へ納入していただく制度です。

地方税法第321条の4及び大網白里市市税条例第44条の規定により、給与を支払う事業者は、原則としてパートやアルバイト等を含む全ての従業員から住民税を特別徴収していただくことになっています。

特別徴収義務者(給与支払者)宛てに、毎年5月に「特別徴収税額決定通知書」を送付しますので、その税額を毎月(6月から翌年5月までの年12回)の給与から徴収し、翌月の10日までに合計金額を納入していただきます。したがって、所得税のように税額を計算したり年末調整をする必要はありません。

なお、従業員が常時10人未満の場合は、申請により年12回の納期を年2回(12月と6月)とすることもできます。

また、千葉県及び県内全市町村は平成28年度から個人住民税の特別徴収を徹底し、例外に該当しない従業員及び事業者については、全て特別徴収を行っていただくこととしました。

例外に該当する条件やQ&Aなど、詳しくは千葉県のホームページをご覧ください。

 

特別徴収の流れ図

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)税務課市民税班

電話: 0475-70-0321

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.