ページの先頭です

施設サービス等の利用者負担軽減について

[2016年6月29日]

介護保険施設に入所(滞在)すると、介護サービス費用の1割、または2割を負担する他に居住費(滞在費)、食費、日常生活費(理容費など)を負担することになります。所得の低い方については負担の上限額(負担限度額)が定められ、一般の方に比べると負担が軽減されます。負担限度額については、利用者負担段階ごとに定められています。(下表参照)

下記のいずれかに該当する場合は、特定入所者介護サービス費等を受けられません。

  1. 住民税非課税世帯でも、世帯分離している配偶者が住民税課税
  2. 住民税非課税世帯(世帯分離している配偶者も住民税非課税)でも、預貯金等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える
低所得者の方の居住費・食費・日常生活費の負担限度額
利用者負担段階施設名負担限度額(日額)
居住費(滞在費)食費
第1段階
・世帯全員が住民税非課税である老齢福祉年金受給者
・生活保護受給者
ユニット型個室820円300円
ユニット型準個室490円
従来型個室320円(490円)
多床室(相部屋)0円

第2段階
・世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額と遺族年金・障害年金の合計額が80万円以下の方

ユニット型個室820円390円
ユニット型準個室490円
従来型個室420円(490円)
多床室(相部屋)370円
第3段階
・世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額と課税年金収入額と遺族年金・障害年金の合計額が80万円超の方
ユニット型個室1,310円650円
ユニット型準個室1,310円
従来型個室820円(1,310円)
多床室(相部屋)370円
第4段階
・標準的な利用者負担限度額
ユニット型個室1,970円1,380円
ユニット型準個室1,640円
従来型個室1,150円(1,640円)
多床室(相部屋)370円

( )は、介護保健施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設)及びショートステイ(短期入所生活介護・短期入所療養介護)を利用した場合の額です。


※平成28年8月から、第2、3段階の支給基準である収入の要件に非課税年金(遺族年金・障害年金)の収入を追加します。

組織内ジャンル

高齢者支援課介護保険班

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)高齢者支援課介護保険班

電話: 0475-70-0309

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


施設サービス等の利用者負担軽減についてへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.