ページの先頭です

水痘予防接種(平成29年度)

[2017年4月21日]

水痘予防接種

生後12か月から生後36か月未満を対象に2回実施します。水ぼうそうにかかったことがある方は接種対象外になります。

水痘(みずぼうそう)とは

水痘は水痘・帯状疱疹ウイルスの直接接触、飛沫感染あるいは空気感染によって感染します。潜伏期間は通常13~17日です。特徴的な発疹が主症状で痒みを伴います。発疹は最初は斑点状丘疹、その後3~4日は水疱で、最後は顆粒状の痂皮を残し、間もなく痂皮は脱落して治癒します。発疹は身体の被覆部分に多い傾向がありますが、頭髪部にも現れます。軽度の発熱を伴うこともありますが、一般に軽症疾患で、免疫不全状態の患者さんでは重症となり、脳炎を合併することもあります。

水痘ワクチンについて

水痘・帯状疱疹ウイルスを弱毒化してつくった生ワクチンです。麻しん、風しんなどの生ワクチンに比べ、その効果は少し劣ります。このワクチンを受けた者のうち、約20%は、のちに水痘(水ぼうそう)にかかることがあります(発症予防率80%)が、もしかかっても軽くすむとされています。水痘患者に接触した場合、3日以内にワクチンを接種すれば発症を予防できるとされ、院内感染の防止にも使用されます。

副反応

健康小児、成人では副作用はほとんど認められませんが、時に発熱、発疹が見られ、まれに局所の発赤、腫脹(はれ)、硬結(しこり)が見られます。

対象年齢

生後12か月~生後36か月(3歳)未満
※ただし、水ぼうそうにかかったことのある方は、接種対象外になります。

標準年齢

[1回目]生後12か月~15か月の前日まで
[2回目]1回目接種終了後、6ヶ月~12ヶ月後の間
※あくまで目安の年齢なので、この時期を外れても受けることができます。

接種回数

3ヶ月以上(標準的には6~12ヶ月)の間隔をあけて、2回接種


集団接種

日程

H29年4月7日(金)、5月12日(金)、6月6日(火)、7月11日(火)、8月4日(金)、9月5日(火)、10月4日(水)、11月6日(月)、12月5日(火)
H30年1月12日(金)、2月9日(金)、3月6日(火)

受付時間

午後1時20分~午後2時00分

場所

大網白里市 保健文化センター 1階

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 予診票


個別接種

市外の医療機関で、千葉県内相互乗り入れ制度に加入している医療機関では接種を受けることができます。医療機関の詳細については、健康増進課へご連絡ください。


資料

水痘予防接種

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)健康増進課健康増進班

電話: 0475-72-8321

ファクス: 0475-72-8322

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


水痘予防接種(平成29年度)への別ルート

Copyright (C) Oamisirasato City All Rights Reserved.