ページの先頭です

避難場所と避難所の違い

[2018年8月31日]

避難場所と避難所の違い

避難場所とは

  災害の危険から逃れるため緊急一時的に避難し、身の安全を確保する場所で、公園やグランドなど、市内33箇所の避難場所を指定しています。
 なお、一時的な避難のため、食料や飲料水などの備蓄はしていません。避難する際は、食料や水、毛布など、必要最低限の生活必需品を持参して避難してください。


◇避難場所を確認しておきましょう

 避難場所は、地震や津波、洪水などの災害ごとに指定されています。近くの避難場所がどの災害に対応しているか事前に確認しておきましょう。
 

指定緊急避難場所一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

避難所とは

  災害により家に戻れなくなった住民等が、一定期間避難生活を送る施設で、公民館や小中学校など、市内16箇所の避難所を指定しています。


指定避難所一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)安全対策課消防防災班

電話: 0475-70-0303

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


避難場所と避難所の違いへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.