ページの先頭です

行政評価(事務事業評価)

[2018年12月26日]

大網白里市の行政評価(事務事業評価)について

行政評価(事務事業評価)とは

 行政評価(事務事業評価)とは、実施した事業の内容を振り返って評価を行い、その結果を踏まえて、今後の事業の改善を図るための仕組みです。

 現在、本市では、総合計画における実施計画事業を対象として行政評価を実施しています。

これまでの本市の取り組み

 厳しい財政状況、少子高齢化など、行政を取り巻く大きな環境変化の中、行政はそれらに的確に対応するために自ら変革していくことを強く求められています。

 現在、本市では、市の最上位計画である総合計画に基づく実施計画事業を実施しておりますが、行政評価を活用して、各施策の進行管理と行政サービスの改善・向上に取り組んでいます。

 本市の行政評価(事務事業評価)は、平成15年度から導入しており、市総合計画に基づく実施計画事業を対象に評価を実施しています。

最近の取組み

 平成27年度 平成26年度実施計画事業(282事業)の評価
          及び 重点事業(47事業)のパブリックコメント・2次評価の実施

 平成28年度 平成27年度実施計画事業(286事業)の評価
          及び 重点事業(57事業)のパブリックコメント・2次評価の実施

 平成29年度 平成28年度実施計画事業(292事業)の評価
          及び 重点事業(47事業)のパブリックコメント・2次評価の実施

 平成30年度 平成29年度実施計画事業(283事業)の評価
          及び 重点事業(50事業)のパブリックコメント・2次評価の実施

評価方法

 各事務事業を事業担当課で1次評価を行い、重点事業を対象にして、まちづくり政策推進会議において2次評価を実施しています。

 現状や課題・問題点を踏まえ、具体的な改善内容を検討するとともに、今後の方向性について、
 A(拡大)、B(継続)、C(統廃合)、D(縮小)、E(廃止・休止)、F(終了)の6区分で評価を行っています。

平成29年度実施計画事業の行政評価(事務事業評価)結果について

 平成29年度実施計画事業(283事業)について事業担当課で1次評価を行い、そのうち重点事業等の50事業を「まちづくり政策推進会議」において2次評価を実施しました。

 なお、平成26年度から重点事業を対象にしてパブリックコメントを実施しています。

評価結果総括表(2次評価対象事業:50事業)

総括表

評価結果

1次評価

2次評価

A(拡大)

7

8

B(継続)

43

42

C(統廃合)

0

0

D(縮小)

0

0

E(廃止・休止)

0

0

F(終了)

0

0

50事業

50事業

2次評価及びパブリックコメント結果

平成29年度評価結果

評価結果一覧(283事業)

事務事業評価シート(課別)

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)企画政策課政策推進班

電話: 0475-70-0315

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


行政評価(事務事業評価)への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.