ページの先頭です

市内に三世代で暮らし始める方に補助金を交付します

[2019年4月1日]

大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金

家族間で共助できる関係の構築や若い世代の定住促進を図るため、子の世帯が新たに市内に転入し、親・子・孫の三世代で同居、または市内居住する場合、要件を満たす方に補助金を交付します。

補助内容は、住宅の購入、新築、建て替え、増築、リフォームに要した費用に応じて定額を補助します。

概要はこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

補助要件

・子の世帯が、申請年度の4月1日以降に市外から転入すること。(申請日前1年間に本市の住民基本台帳に記録されていないこと。)

・親の世帯が、申請日において本市に1年以上継続して居住していること。

・親または子の世帯に15歳以下の孫がいること。(出生予定も含む。)
 ※15歳以下・・・15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者

・三世代同居等のために住宅の購入、新築、建て替え、増築、リフォームをすること。
 ※購入は中古住宅・マンションを含む

・三世代同居等を5年以上継続すること。

・親及び子世帯の全員が市税等を滞納していないこと。

・親及び子世帯に暴力団員及びその関係者がいないこと。

・過去にこの補助金の交付を受けていないこと。

・市で実施する他の制度による補助金等を同時に受けていないこと。

・【住宅の取得・増築の場合】取得・増築後に住宅、増築部分を登記すること。

・【リフォームする場合】リフォームする住宅を親または子が所有していること。
 ※購入を伴う場合は除く

 ※ 売買契約または工事請負契約を締結する前に申請が必要です ※

補助金額

住宅の購入・新築・建て替え・増築・リフォームにかかる費用が

・1,000万円以上 ・・・ 40万円 (市内業者の販売・施工の場合は50万円)

・200万円以上  ・・・・ 10万円 (市内業者の販売・施工の場合は20万円)

 ※市内業者・・・市内に本店のある法人 または 市内に事業所のある個人事業者

 ※購入と増築・リフォームを合算することも可能です。

申請期間

2019年4月1日(月曜日)から12月27日(金曜日)まで先着順で受け付けます。

 ※申請総額が予算額に達した時点で受付を終了しますので、予めご了承ください。

 ※契約後の申請は対象となりませんので、ご注意ください。

受付場所

大網白里市役所本庁舎2階 企画政策課

手続きの流れと必要書類

手続きの流れ

こちらをご確認ください

交付申請に必要な書類 ※様式はページ下部からダウンロードできます

1.チェックシート
2.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金交付申請書(第1号様式)
3.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金調査書(第2号様式)
4.誓約書兼同意書(第3号様式)
5.住宅の位置図
6.住宅の内容が確認できる平面図、立面図等の書類
7.【住宅取得の場合のみ】住宅の延べ床面積が確認できる書類
8.【増築・リフォームの場合のみ】工事の内容が確認できる書類
9.【リフォームの場合のみ】住宅の登記事項証明書の写し ※購入を伴う場合は除く
10.見積書の写し
11.三世代同居等をする世帯全員の住民票の写し
12.三世代同居等をする世帯全員の戸籍全部事項証明書または戸籍謄本
13.子の世帯の世帯員が交付申請日前1年間に本市の住民基本台帳に記録されたことがないことがわかる戸籍の附票の写し等※
14.三世代同居等をする世帯全員の市税等の滞納がないことが確認できる書類
15.【孫が出生予定の場合】母子健康手帳の写し
16.その他市長が必要と認める書類

 ※「戸籍の附票の写し」とは、本籍地で取得できる住所の移動履歴を記録したもの
  次の場合は戸籍が新しくなって履歴が残らないので、以下の書類が必要です。
  ・転籍(別の市町村に本籍を変更した)場合・・・以前の本籍地で、転籍前の戸籍の徐附票を取得
  ・婚姻等で戸籍を編製した場合・・・親などの戸籍の附票を取得

申請内容の変更・申請の取下げに必要な書類

1.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金変更等申請書(第5号様式)
2.変更内容が確認できる書類

 ※補助金額の変更を伴わない補助対象経費や延べ床面積等の変更の場合は必要ありません。

工事の着手時・終了時に必要な書類

【新築・建て替え・増築・リフォーム】の場合は、工事の着手時と完了時に次の届出が必要です。

1.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金着手(完了)届(第7号様式)

三世代同居等を開始したとき(実績報告)に必要な書類

代金の支払い、転入手続きが済み、三世代同居等を開始したときは次の書類をご提出ください。
 ※三世代同居等をした日から20日以内に提出してください。

1.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金実績報告書(第8号様式)
2.三世代同居等をした世帯全員の住民票の写し
3.【購入・新築・建て替え・増築の場合のみ】住宅の登記事項証明書の写し
4.契約書の写し
5.領収書等の写し
6.【増築・リフォームの場合のみ】工事の内容が確認できる書類
7.【増築・リフォームの場合のみ】工事前・工事中・工事後の写真等工事の実施が確認できるもの
8.その他市長が必要と認める書類

交付請求書 ※申請年度の翌年度末までに請求する必要があります

1.大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金交付請求書(第10号様式)
2.交付決定通知書及び確定通知書の写し
3.その他市長が必要と認める書類

申請書等の様式

交付要綱

大網白里市三世代同居等住宅支援事業補助金交付要綱

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)企画政策課政策推進班

電話: 0475-70-0315

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


市内に三世代で暮らし始める方に補助金を交付しますへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.