ページの先頭です

平成31年度次世代ボランティア人材育成事業に係る企画提案の募集について

[2019年4月23日]

平成31年度次世代ボランティア人材育成事業に係る企画提案の募集について

   個人志向の高まりや価値観の多様化によるコミュニティのつながりの希薄化及び少子高齢化の進行により、地域の機能の低下が危惧されています。こうした中、県民の自発的な社会貢献活動の推進や、共助の精神に基づき互いに支え合う共生社会の実現が一層重要となっており、活動の担い手となる新たな人材を育成することが喫緊の課題となっています。

 また、千葉県が策定した「東京2020大会に向けたボランティア推進方針」では、取組方針として「多様な人材の確保・活躍の推進」を掲げており、その中で、児童・生徒や大学生等がボランティアに参加・体験できる仕組みを検討することとしています。

 そこで千葉県では、地域コミュニティを構成するさまざまな主体が、連携・協働しながら、地域を担う次世代のボランティア人材を、効果的かつ持続的に育成することを狙いとして、市民活動団体等の企画提案による「次世代ボランティア人材育成事業」を実施します。

企画提案募集概要

概要は以下のとおりです。

事業名

平成31年度次世代ボランティア人材育成事業

公募参加資格者

次の条件をすべて満たしている市民活動団体等、学校及び企業。複数の団体による共同体も可。なお、ここでいう市民活動団体等とは特定非営利活動法人、市民活動団体、ボランティア団体、社会福祉法人、公益法人などのこととする。

(1)千葉県内に事業所・活動拠点を有していること。

(2)任意団体にあっては、団体を構成する会員が10人以上いること。

(3)定款または規約等を有し、責任者が明確で、団体として独立した経理を行っていること。

(4)事業の連絡責任者が特定できること。

(5)宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体でないこと。

(6)特定の公職者(候補者を含む)、また政党を推薦、支持、反対することを目的とした団体でないこと。

(7)暴力団もしくは暴力団員の統制下にある団体でないこと。

(8)本事業の実施にあたり、千葉県との打ち合わせなどに適切に対応できること。

(9)地方自治法施行令第167条の4<一般競争入札の参加者の資格>の規定に該当しないこと。

(10)守秘義務を順守できること。

募集対象事業

 若者に対して、千葉県内において、「ボランティア精神」や「おもてなしの心」を醸成する事業を実施し、地域コミュニティを構成するさまざまな主体が連携・協働することで、地域を担う次世代のボランティア人材を効果的かつ持続的に育成することができるものを対象とする。

委託金額の上限等

1団体100万円(税込)(1団体程度を想定)

事業の実施対象期間

契約締結日~令和2年3月9日

審査方法

応募資格を満たしている事業者から提出された応募書類をもとに書類審査及びプレゼンテーションを実施します。

提出方法

持参または郵送(ファクス、Eメールでの応募は受け付けません)

提出期限

令和元年5月20日(月)必着

持参の場合は午後5時まで

提出書類等

・応募書

・企画提案書

・所要経費見積書

・主な事業実績

・団体に関する概要

・誓約書

・定款または規約等

様式はいずれも千葉県のホームページからダウンロードできます。

事業説明会

日時 ①平成31年4月22日(月曜日)午後3時から午後4時

    ②平成31年4月26日(金曜日)午後1時から午後2時

場所 千葉県庁本庁舎2階「県民活動情報オフィス」

応募先及び問い合わせ

〒260-8667

千葉市中央区市場町1-1

千葉県環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話:043-223-4133

ファクス:043-221-5858


 

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)地域づくり課市民協働推進班

電話: 0475-70-0342

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


平成31年度次世代ボランティア人材育成事業に係る企画提案の募集についてへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.