ページの先頭です

手足口病の感染に気を付けましょう

[2019年7月12日]

手足口病の感染に気を付けましょう

手足口病の感染者が県内(船橋、習志野、松戸)をはじめ、全国で増加しています。

国の定める警報基準値を大幅に超えています。

山武地域では7月7日現在で他地域ほどの感染者は確認されていませんが、増加傾向にあります。

患者の半数は1歳児で、1~3歳児で全体のおよそ8割を占めています。成人の患者も少数の報告があります。

<手足口病の特徴>

手足口病は、日本国内では夏を中心に流行します。

感染してから3~5日後に口の中や手足などに水泡性の発疹がでます。

発熱は約3分の1にみられますが、高熱が続くことはほとんどありません。

感染を防ぐ、ワクチンはありません。

保育施設などでは、タオルの共用はしないでください。

特別な治療法はありません。多くは軽い症状ですが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症などがおこる場合があります。

高熱が出る、発熱が2日以上続く、おう吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこが出ない、ぐったりとしているなどの症状が見られたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

治った後でも比較的長い期間、便の中にウイルスが排泄されます。手洗いを流水と石鹸で十分に行ってください。

<参考>

国立感染症研究所 手足口病とは

http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohhanashi/441-hfmd.html

千葉県結核・感染症週報

http://www.pref.chiba.lg.jp/eiken/c-idsc/index.html








お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)健康増進課健康増進班

電話: 0475-72-8321

ファクス: 0475-72-8322

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


手足口病の感染に気を付けましょうへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.