ページの先頭です

個人市民税・県民税の課税誤りについて

[2019年9月26日]

 個人市民税・県民税に係る住宅ローン控除特定取得(平成26年4月以降に消費税8%で取得した住宅ローン控除)の適用に誤りがあったことが判明いたしました。

 今後、本来の課税額に税額更正をいたします。

 ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

概要

 個人市民税・県民税(以下「住民税」といいます。)の住宅ローン控除は、所得税の住宅ローン控除の適用を受けた方で、所得税から控除しきれなかった額がある場合、一定の額を住民税から控除することができる制度です。対象となった方につきましては、所得税の住宅ローン控除額を上限として適用したため、所得税から控除しきれなかった額が全額控除できず、控除すべき住民税の一部を控除していなかったことが判明しました。住宅ローン控除の適用のチェックが不十分であったため、課税誤りが生じたものです。

対象件数及び影響額

対象件数

平成31年度 74件

平成30年度 69件

平成28年度  7件

影響額

平成31年度 △1,800,200円

平成30年度 △1,820,300円

平成28年度 △  164,400円

今後の対応

 対象の方には、速やかに減額更正を行い、お詫びに係る文書と減額更正通知を送付する予定です。


再発防止策

 今後、同様の課税誤りが発生しないよう課税データのチェックを徹底するとともに、職員の専門知識の習熟に努め、再発防止に万全を期してまいります。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)税務課市民税班

電話: 0475-70-0321

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


個人市民税・県民税の課税誤りについてへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.