ページの先頭です

台風15号により農業用施設等に被害を受けた農業者のみなさまへ

[2019年10月7日]

台風15号による農業用施設等への被害に対する支援について

千葉県農業災害対策資金

 台風15号により被害を受けた農業者の経営の維持安定を図るため、農業等融資機関が再生産に必要な資金または施設の復旧資金を通常より低利な金利で融資し、市町村が融資機関に基準金利の利子補給を行う制度です。

 本制度の利用を検討されている方は、別添の「令和元年台風15号災害による被害状況及び融資希望調査書」に必要事項を記入の上、農業振興課に提出をお願いします。

提出期限

令和元年10月31日(木曜日)

資金区分別資金使途・貸付限度額・償還期限

資金区分別資金使途・貸付限度額・償還期限

資金区分

経営安定資金

施設復旧資金

資金使途

農業の再生産に必要な資金

(種苗、肥料、飼料、農薬等)

農業用施設(簡易な施設を除く)が

損壊した場合において、当該施設を

原状に復元するために必要な資金      

貸付限度額

被害額の80%以内で

600万円以下

被害額の80%以内で

1000万円以下

償還期間

5年以内

6年以内(うち据置2年以内)

令和元年台風15号災害による被害状況及び融資希望調査書

強い農業・担い手づくり総合支援交付金(被災農業者支援型)

台風15号の被害を受けたパイプハウス等の農業用施設の復旧、修繕、施設等の撤去について、国の「強い農業・担い手づくり総合支援交付金(被災農業者支援型)」が実施されることになりました。

事業の詳細は改めてお知らせしますが、   「台風15号の被害を受けた農家の皆様へ」を確認いただき、施設の修理を行う前には必ず施設の写真(遠景、近景、各部材等の写真)を事前に複数枚、撮影するようお願いします。また、修理を行う際は見積りを取得して保管をお願いします。

台風15号の被害を受けた農家の皆様へ

過去の事業における注意事項

・被災事業が発令された場合、被災施設は『原則修繕』となります。

・やむを得ず再建を行う場合は、修理と再建の見積書の比較と、修理が困難であることの理由書を作成ください(再建を行う場合、ハウスの構造や大きさ、場所を変更しないようご注意ください)。

・現状復旧を超える施設については、事業対象外となる可能性がありますので、ご注意ください(グレードアップ、グレードダウンなど)。

・パイプの径を太くするのもグレードアップ扱いとなります。

・作業小屋等の建築物は、原則、『建築確認』のあるものとなります。

  

台風15号の被害を受けた農家の皆さまへ

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)農業振興課農政班

電話: 0475-70-0345

ファクス: 0475-72-9134

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


台風15号により農業用施設等に被害を受けた農業者のみなさまへへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.