ページの先頭です

平成27年度入庁 健康増進課 健康増進班 保健師

[2019年12月2日]

健康増進課 健康増進班 保健師

なぜ大網白里市職員になったのか?

 なぜ、大網白里市職員になったかというと1番の理由は私自身が大網白里市に住んでいるからです。また、住み慣れたまちであれば地域性も把握しやすく、環境としては非常に良いのではないかと思ったからです。
 私はもともと看護師になるための大学へ通っており、病院へ就職するつもりでした。しかし、看護の勉強・実習をしていくうちに、地域の方々と関わっていくことの楽しさを感じました。もちろん、病院へ就職しても地域の方々と関わることはできますが、「もっと地域と密に接していきたい」という思いが強くなったため、看護師としてではなく、保健師として働くことを決意しました。
 「幅広い年代の方々と密に接していくこと」を自身のモットーとして考えると、市町村の保健師として働くことが最も自分の考えと合致していると感じました。そして、市町村の保健師として働くために地元である大網白里市を志望しました。現在は健康増進課の保健師として、市民の健康づくりに役立てるよう毎日努力しています。

仕事で印象に残っている出来事は?

 私の主となる仕事は母子保健・成人保健業務です。母子保健では赤ちゃん訪問・乳幼児健診など、母子が安心して暮らしていけるよう支援しています。成人保健では健康教育・がん検診といった保健予防を行っています。  
 母子保健・成人保健業務を1年間行ってきた中で、最も印象に残っている仕事は「赤ちゃん訪問」です。赤ちゃん訪問とは、赤ちゃんが生まれた家庭を訪問し、体重測定や育児相談、予防接種などの保健サ-ビスについて説明するものです。訪問の際には「女性の方が来ると思っていました」という声が圧倒的に多く、まだまだ男性保健師が認知されていないということが実状です。しかし、訪問をした後に「来てもらって本当に助かりました」「ありがとうございました」などの言葉をいただくと、こんな自分でも少しは役に立つことができたのかなと嬉しい気持ちになります。中には男性が訪問に来ることに対して抵抗感を持つ方もいると思います。その方たちを含め、男性保健師としてどのように関わっていくことがベストなのかということを日々考えています。
今後も大網白里市初の男性保健師ということをアピールしながら、さまざまな事業に取り組み、住民の方々と信頼関係を築いていきたいと考えています。そして、市民の方々が笑顔で健康に過ごしていけるように関わっていきたいと思います。

大網白里市職員になってよかったことは?

 私は生まれてから今までこのまちで過ごしてきて、お世話になった方がたくさんいます。自分が今までお世話になってきた分を仕事でお返しできることが大網白里市の職員になってよかったことだと思っています。また、職場の環境も整っており、先輩や同期へ報告・連絡・相談をしながら、市民目線でさまざまな問題に緊張感を持って取り組んでいます。その一方で、楽しく仕事ができる面もあり、大網白里市の職員になることができて本当によかったと感じています。
 保健師の業務はその地域に住んでいる方々すべてが対象となります。どのような関わり方が必要となってくるかということを先輩の関わり方を見て、まねできるところは盗んでいき、できないことは先輩保健師に相談するなど、別の方法を考えてアプローチしていきたいと考えています。



★大網白里市職員を志望する皆さんへメッセージ★

 保健師の業務は幅広く、時にはどうすることが最も良い対応なのかと悩むこともあります。しかし、経験豊富な先輩方に支えていただき、毎日楽しく仕事をしています。ぜひ、大網白里市の職員として一緒に楽しく働きましょう。お待ちしております。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)総務課人事班

電話: 0475-70-0301

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.