ページの先頭です

ほ場に堆積した稲わらの処分について

[2020年1月23日]

今回の災害に限り、処分のため清掃組合に稲わらを直接搬入することが可能になりました

概要

・台風15号・19号、10月25日の大雨の影響で、ほ場に堆積した稲わらを処分するため、清掃組合環境クリーンセンター(東金市三ヶ尻340)に直接搬入することが、今回の災害に限り可能となりました。

※農業者個人で搬入ができます(受益農家3戸以上の要件はありません)。

※処理手数料については、現在調整中です。

必要書類

1 本人が搬入する場合  被災証明書(写し可)、本人確認ができる書類(免許証等)

2 本人以外が搬入する場合 被災証明書(写し可)、本人確認ができる書類(免許証等)、委任状(任意様式)

※上記の「本人」は、稲わらの堆積により被害を受けたほ場の所有者または耕作者になります。

注意事項

・被災証明書の交付手続きは農業振興課で行っています。稲わらが堆積しているほ場の写真と印鑑(認印可)をお持ちいただくとともに、堆積しているほ場の地番と所有者または耕作者の報告をお願いします。

・搬入にあたり、清掃組合との調整が必要ですので、事前に農業振興課に連絡(0475-70-0345)をお願いします。

・稲わらは十分に乾燥させてください。濡れた状態では清掃組合環境クリーンセンターで受入れできません。

・運搬中の稲わらの飛散や落下を防ぐため、軽トラック等の荷台にはシートを被せてください

・清掃組合環境クリーンセンターでは、現地の職員の指示に従うようお願いします。

・処分後に清掃組合が発行する計量伝票(原本)を必ず農業振興課に提出をお願いします。

・搬入が集中した場合は、清掃組合での受入れを中止する場合があります。

・この事業で受け入れるのは、稲わらのみです。稲わら以外のものが混入していた場合は、お持ち帰りいただきます。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)農業振興課農政班

電話: 0475-70-0345

ファクス: 0475-72-9134

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ほ場に堆積した稲わらの処分についてへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.