ページの先頭です

熱中症警戒アラート(試行)のお知らせ

[2020年7月15日]

熱中症警戒アラート(試行)のお知らせ

 熱中症による死亡者数・救急搬送者数は増加傾向にあり、気候変動等の影響を考慮すると熱中症対策は極めて重要です。

 環境省と気象庁は、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報として、新たに熱中症警戒アラートを試行します。


対象地域

 関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)。

期間

令和2年度7月1日から同年10月28日までの間、先行的に実施します。

※令和3年度から全国で本格実施予定です。

熱中症警戒アラートの発表について

 <発表単位>

 都県単位

 <発表の基準>

 各都県内のどこかの地点で暑さ指数(WBGT)が33度を超える場合。

 ※従来は、気温35度以上で高温注意情報が発表されていましたが、熱中症の発生との相関が高い暑さ指数(WBGT)を用いる新たな情報に置き換えられました。

 ※昨年度における千葉県内の暑さ指数(WBGT)が33度以上の発生日数は、計26日でした。

<発表のタイミング>

 ・前日の午後5時頃及び当日の朝5時頃に最新の予測値をもとに発表

 ・「気づき」を促すものであるため、一度発表したアラートはその後の予報で基準を下回っても発表は取り下げません

 ・大網白里市では、防災行政無線や、ホームページ等で市民の皆様にお知らせします。

 ・環境省は令和2年7月31日(金曜日)より、LINE公式アカウント「環境省」を開設します。LINE公式アカウントに友達追加をしていただくことで、令和2年7月31日(金曜日)~同年10月28日(水曜日)の間、熱中症警戒アラートが発表された際にに情報を受け取ることができます。公式アカウントは次のとおりです。

   アカウント名 : 環境省

   LINE ID  : kankyo_jpn

   (詳細は環境省ホームページの報道発表資料をご参照ください。)

暑さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)とは

人間の熱バランスに影響の大きい気温、湿度、輻射熱の3つを取り入れた暑さの厳しさを示す指標です。

 ※各地域の暑さ指数は環境省の熱中症予防情報サイト(https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php)で参照できます。

熱中症警戒アラート(試行)発表時の予防行動

1.気温・湿度・暑さ指数を確認しましょう

・身の回りの気温・湿度の測定しましょう。

・暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。

環境省気象庁のホームページでも確認できます。

2.熱中症リスクの高い方に声かけをしましょう

・熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は十分に注意しましょう。

・3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけのご協力をお願いします。

3.外での運動や活動は中止/延期しましょう

・不要・不急の外出はできるだけ避けましょう。

・エアコン等が設置されていない屋内外での運動や活動等は、原則、中止や延期をしてください。

4.「熱中症予防行動」を普段以上に実践しましょう

・環境省・厚生労働省が示している、「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを心掛けましょう

参考:資料2 「熱中症警戒アラート(試行)」発表時の予防行動(PDF244KB)

関連リンク

熱中症警戒アラートに関するページ

資料

大網白里市ホームページ

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)健康増進課健康増進班

電話: 0475-72-8321

ファクス: 0475-72-8322

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


熱中症警戒アラート(試行)のお知らせへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.