ページの先頭です

子宮頸がん予防ワクチンについて

[2015年12月17日]

【重要】子宮頸がん予防ワクチンの積極的接種勧奨の差し控えについて

平成25年6月14日に厚生労働省から通知があり、子宮頸がん予防ワクチンの積極的な勧奨を差し控えることになりました。平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないとされました。積極的な勧奨の差し控えですが、接種をご希望の方は今までどおり定期接種として受けることができますので、ワクチンの有効性と副反応のリスクを十分理解した上で、接種を受けてください。

詳しくは下記のリンク(厚生労働省からの通知またはリーフレット)をご覧ください。

 

厚生労働省ホームページ

*厚生労働省からの通知 ⇒ ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)

*リーフレット ⇒ 子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ

 

 

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応(主として痛み、しびれ、脱力など)について、被接種者とそのご家族が適切な医療を受けていただくために、厚生労働省から案内がありました。受診の際の参考にしてください。なお、専門の医療機関を受診する場合は、紹介状が必要になります。子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みやしびれ等が持続している方は、通院中の医療機関等へ相談してください。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)健康増進課健康増進班

電話: 0475-72-8321

ファクス: 0475-72-8322

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


子宮頸がん予防ワクチンについてへの別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.