ページの先頭です

蚊・ダニに刺されないようにしましょう!

[2020年8月28日]

蚊・ダニに刺されてかかる感染症があります

マダニに刺されて日本紅斑熱が発症することがあります

ダニが媒介する感染症のうち、日本紅斑熱については、8月に千葉県内で死亡例が確認されました。

日本紅斑熱は、病原体を保有したマダニからの刺咬によって、感染しますので、特にダニが多く生息する野山、畑、草むら等に出かけるときは次のことに注意しましょう。

(1)長袖、長ズボンなどで肌の露出を少なくし、防虫スプレーを使用する。

(2)直接、草むらや地面に座ったり、衣服を置いたりしない。

(3)帰宅後はすぐに入浴し体についたダニを落とし、新しい衣服に着替える。

※適切な抗菌薬の投与により治療可能ですが、治療が遅れると重症化し、死亡することもあります。

  症状がある場合は速やかに医療機関を受診しましょう。


日本紅斑熱とは

<感染経路>

・この病気を媒介するマダニは広く生息し、発生地域は主に太平洋側の温暖な地域に限局。

 春から秋の長い間、注意が必要。

・人から人への感染はない。

<病原体>

・リッケチア・ジャポニカという病原微生物

<潜伏期間>

・2~10日

<症状>

・主要な症状は高熱、発疹、刺し口

<治療>

・テトラサイクリン系の抗菌薬

<予防>

・ワクチンはなくダニの刺咬を防ぐことが重要

【参考】

感染症予防のための情報提供について(千葉県ホームページ)

https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/press/2020/nihonkouhannetsu20200815.html

ダニ媒介感染症について(千葉県ホームページ)

https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/tick.html


蚊に刺されてデング熱を発症することがあります

デング熱とは

・デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症です。

ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することで感染します。

ヒトからヒトに直接感染するような病気ではありません。

<症状>

・発熱、発疹、頭痛、筋肉痛など。まれに重症化することがありますが、通常は、発症後、2~7日で解熱します。

<予防策>

・屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、できるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊に刺されないように注意してください。

・蚊に刺されて発熱等の症状がある場合は、医療機関を受診してください。

【参考】

蚊媒介感染症(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164483.html


お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)健康増進課成人保健・予防班

電話: 0475-72-8321

ファクス: 0475-72-8322

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


蚊・ダニに刺されないようにしましょう!への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.