ページの先頭です

地域で考えるささえあいのまちづくり~生活支援体制整備事業~

[2019年4月1日]

生活体制整備事業

地域で考えるささえあいのまちづくり

 2025年に団塊の世代が75歳になるなど、少子高齢化で介護や医療の担い手が減り、

十分なサービスが受けられるのか心配される一方で、

「いつまでも自分らしく元気な生活を送りたい」と誰もが考えていると思います。

大切なのは、健康でいる時間を延ばすことと、自分たちでできることを増やすことです。

 そこで、市では、自分らしい暮らしを続けることができる地域づくりのために、

生活支援体制整備事業として、地域づくりの中心となる「協議体」を立ち上げ、

「生活支援コーディネーター(地域ささえあい推進員)」を配置しました。

「協議体」は、地域のちょっとした困りごとを解決するための情報共有や話し合いの場です。

その地域に必要な支援や、ささえあいの具体的な方法について意見を出し合います。

 誰もが安心して元気に暮らせるためのまちづくりには、地域の皆さんのご参加と

民間企業などのご協力が必要です。

「あるといいな」を形にするために、皆さんで一緒に考えていきましょう。


生活支援コーディネーターとは

「地域ささえあい推進員」のことです。

高齢者の方が、いつまでも住み慣れた地域で、いきいきと元気に過ごすことができるように、

多様なサービスの整備などに取り組みます。


協議体とは

地域のちょっとした困りごとを解決するための情報共有や話し合いの場です。



フォーラム会場の様子

平成29年7月30日に行われた「ささえあいのまちづくりフォーラム」の様子

組織内ジャンル

高齢者支援課高齢者支援班

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)高齢者支援課高齢者支援班

電話: 0475-70-0332

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


地域で考えるささえあいのまちづくり~生活支援体制整備事業~への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.