ページの先頭です

(その他の災害に備えて)風水害に備えて

[2015年12月17日]

 近年、日本では台風による強風や大雨、集中豪雨による被害が多発しています。被害を最小限にとどめるため、日ごろから十分な対策を立てておきましょう。

家の内外の風水害対策
屋根・瓦のひび・割れ・ずれ・はがれがないようにする。
・トタンのめくれ・はがれがないようにする。
外壁・モルタルの壁に亀裂がないようにする。
・板壁に腐りや浮きがないようにする。
雨どい・雨戸・雨どいに落ち葉や土砂がつまらないようにする。
・雨どいに継ぎ目のはずれや塗装のはがれ、腐りがないようにする。
・雨戸にガタツキやゆるみがないようにする。
ベランダ・鉢植えや物干し竿など飛散の危険が高いものは室内に入れる。
窓ガラス・ひび割れや窓枠のガタツキがないようにする。
・強風による飛来物などに備えて、外側から板でふさぐなどの処置をする。
側溝・側溝のごみや土砂は取り除き、雨水の排水をよくしておく。
屋内・停電に備えて懐中電灯やトランジスタラジオの準備をしておく。
・避難に備えて貴重品などの非常持出品の準備をしておく。
・台風情報などの情報を注意して聞く。
・なるべく外出は避ける。
・断水に備えて飲料水の確保をしておく。
・浸水の恐れがある場合は家財道具や食料品・衣類などの生活用品は高い場所へ移動する。
・病人や乳幼児、身体の不自由な人などを安全な場所へ連れて行く。


★洪水のときの避難の注意点

  • ひもでしめられる運動靴がよい。
  • はぐれないようにお互いの体をロープで結んで避難する。
  • 歩ける深さは男性で約70cm、女性で約50cmです。
    (水深が腰まであるようなら無理は禁物です。)
  • 水面下の状況がわからないので、長い棒などを利用して安全を確認して歩くこと。
  • お年寄りや身体の不自由な人などは背負うなどする。

お問い合わせ

大網白里市(法人番号 8000020122394)安全対策課消防防災班

電話: 0475-70-0303

ファクス: 0475-72-8454

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.