ページの先頭です

農業者年金について

[2015年12月17日]


 農業者の老後生活の安定と福祉の向上に加え、担い手を確保するなどの目的を持つ農業者のための政策年金で、平成14年1月1日より新しく生まれ変わりました。概略は以下の通りです。

財政方式

従来の賦課方式(現役世代の保険料を引退世代の年金に充てる方式)から積立方式(納付された保険料を積立・運用して年金を支払う方式)に変更されました。

加入要件(農業に従事する方は広く加入できます)

国民年金の第1号被保険者で年間60日以上農業に従事する60歳未満の者。

(国民年金保険料免除者は加入できません)

保険料

毎月20,000円を基本とし、最高67,000円まで1,000円単位で選択できます。

死亡一時金

年金は終身受給できますが、仮に加入者や受給者が80歳になる前に亡くなった場合は、死亡した月の翌月から80歳までに受け取るはずの農業者年金を予定利率で割り戻した額を遺族が受け取れます。

政策支援

20年以上加入することが見込まれ、要件を満たす意欲ある担い手に対し、国から保険料の助成が受けられます。

年金支給

自己拠出分の年金は65歳から無条件に支給。(60歳から繰上支給可能)

政策支援分の年金は65歳以降、農地等の権利移転を行い、農業経営者でなくなれば受給ができます。(65歳前に経営承継した場合は60歳から繰上支給可能)

(新制度の要件、旧制度に加入していた方の年金支給等、詳しくは農業委員会事務局まで問い合わせてください。)

組織内ジャンル

農業委員会事務局農地班

お問い合わせ

大網白里市 農業委員会事務局
電話: 0475-70-0393 ファクス: 0475-72-9134
E-mail: nogyoiinkai@city.oamishirasato.lg.jp

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.