ページの先頭です

宮谷八幡宮本殿(みやざくはちまんぐうほんでん)

[2015年12月17日]

<市指定有形文化財(建造物)>
   ・所在地  大網2990
   ・所有者  宮谷八幡宮
   ・年代    室町
   ・指定日  昭和47年5月1日
宮谷八幡宮本殿(みやざくはちまんぐうほんでん)

宮谷八幡宮本殿(みやざくはちまんぐうほんでん)

 長享(ちょうきょう)2年(1488年)、土気城主 酒井 定隆(さかい さだたか)が土気城を再建した折、

 城の鬼門除け(きもんよけ)として長峰(ながみね)地区から現在の位置に移したもので、

 永禄(えいろく)4年(1561年)四代土気(とけ)城主酒井 胤治(さかい たねはる)の命により、

 大網城主 板倉長門守(いたくらながとのかみ)によって再建された。

 中央の本殿は誉田別命(ほんだわけのみこと)(応神(おうじん)天皇)、左の小社は春日大明神、

 右の小社は天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀ってある。

組織内ジャンル

教育委員会 生涯学習課生涯学習班


宮谷八幡宮本殿(みやざくはちまんぐうほんでん)への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.