ページの先頭です

お塚山(おつかやま)

[2015年12月17日]

<市指定文化財 史跡>
   ・所在地  大網5748
   ・所有者  高橋家
   ・年代    江戸
   ・指定日  昭和47年5月1日
お塚山(おつかやま)

お塚山(おつかやま)
 

 お塚山(つかやま)は、慶長(けいちょう)2年(1597年)、日経(にっきょう)上人が

 法華宗布教のため、星谷(ほしや)に建立した宝立山方墳寺(ほうふんじ)の跡である。

 日経上人は、不受不施(ふじゅふせ)の立場を貫く強信者であったため、

 徳川 家康(とくがわ いえやす)の怒りにふれ、京都六条河原で弟子5人と共に

 耳・鼻そぎの刑に処せられた。

 しかし、日経の信仰心はたじろくことなく、その後も弟子と共に布教活動を続けたため

 寛永(かんえい)4年(1627年)、代官三浦 監物(みうら けんもつ)が幕府の命を受け

 方墳寺を焼き払った。

 明治44年(1911年)、地元有志により、日経上人三百年忌記念碑が建立されている。

組織内ジャンル

教育委員会 生涯学習課生涯学習班


お塚山(おつかやま)への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.