ページの先頭です

山辺郡永田村郷五人組帳(やまべごおりながたむらごうごにんぐみちょう)

[2015年12月17日]

<市指定有形文化財 (書籍)>
   ・所在地  永田地区
   ・所有者  永田地区
   ・年代    江戸
   ・指定日  昭和61年4月20日
山辺郡永田村郷五人組帳(やまべごおりながたむらごうごにんぐみちょう)

山辺郡永田村郷五人組帳(やまべごおりながたむらごうごにんぐみちょう)
 

五人組とは、五軒を一組として、犯罪の防止や年貢を確実に納めさせるよう

連帯責任を負わせた江戸時代の組織である。

その守るべき法規を記し、組員が連判誓約したものが五人組帳である。

五人組は支配地ごとに組織されるが、複数の領主がいる村では、

支配地ごとに組織することなく、村全体を一つの村として五人組が組織される場合があり、

これを郷五人組(ごうごにんぐみ)又は五軒組(ごけんぐみ)と呼んだ。

当時、永田村は8人の領主によって支配されており、非常に複雑な支配関係になっていた。

なお、当時の資料として、永田村郷五人組帳が20冊、御鷹場郷五人組改帳、

御請書五人組帳、御改革五人組帳など合計28冊の資料が確認されており、

現在、光昌寺(こうしょうじ)で保管されている。

組織内ジャンル

教育委員会 生涯学習課生涯学習班


山辺郡永田村郷五人組帳(やまべごおりながたむらごうごにんぐみちょう)への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.