ページの先頭です

さいかちの木

[2015年12月17日]

<市指定文化財 天然記念物>
   ・所在地  永田1586
   ・所有者  石渡家
   ・年代    江戸
   ・指定日  昭和47年5月1日
さいかちの木

さいかちの木
 

永田の石渡家の門の脇にある木である。

石渡家の家伝によれば、先祖がこの地に定住した江戸初期に植えられたものと伝えられている。

石渡家は代々名主で、徳川 家康が土気城を訪れた折には案内役を務めたといわれている。

この木の樹齢は、位牌から推定して350年以上であるといわれている。

「さいかち」・・・まめ科の落葉高木。

         小枝の一部は鋭いとげをなし、細長いさやは薬用又は石鹸の代用となる。

組織内ジャンル

教育委員会 生涯学習課生涯学習班


さいかちの木 への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.