ページの先頭です

元網主斉藤四郎右衛門家稲荷社(もとあみぬしさいとうしろうえもんけいなりしゃ)

[2015年12月17日]

<市指定有形文化財 建造物>
   ・所在地  南今泉3349(白里小学校内)
   ・所有者  大網白里市
   ・年代    明治
   ・指定日  平成6年2月28日
元網主斉藤四郎右衛門家稲荷社(もとあみぬしさいとうしろうえもんけいなりしゃ)

元網主斉藤四郎右衛門家稲荷社(もとあみぬしさいとうしろうえもんけいなりしゃ)
 

旧四天木村の有力な網元斉藤四郎右衛門(さいとうしろうえもん)家にあった個人の氏神である。

斉藤家は、九十九里漁業の最盛期であった文政・天保時代、九十九里浜きっての大網主として村人を撫育した。

この稲荷社は九十九里における鰯漁で繁栄した当時の様子をうかがえる唯一の遺構である。

稲荷社の擬宝珠金具(ぎぼしかなぐ)に、明治3年(1870年)の紀年と四良右衛門の名が刻まれている。

組織内ジャンル

教育委員会 生涯学習課生涯学習班


元網主斉藤四郎右衛門家稲荷社(もとあみぬしさいとうしろうえもんけいなりしゃ)への別ルート

Copyright (C) Oamishirasato City All Rights Reserved.